強酸性水生成機(EO水)を新型に交換
タンパク除去の重要性

タンパク除去をしないと滅菌 
殺菌しても無駄になる。

横浜市鶴見区 鶴見区の歯科 歯医者 北村歯科
 

 

滅菌だ殺菌だといっても
その前のタンパク除去がもっと大切です。

EO水生成機の試験のために、エビデンスのある
化学的試験をしました。


 
器具消毒前のタンパク質除去が
きちんとなされないと

器具の滅菌 殺菌は形だけの行為で
全く意味がありません。

実際の臨床は、試験管内と異なり
手術器具などは血液、唾液などのタンパク質を除去することで
滅菌 殺菌などの目的のほとんどを
達成しているといっても、過言ではないと思います。

今回 「強アルカリ水」での
超音波洗浄で
想定外の試験結果が出ました。
 
洗浄インジケーターにおける試験結果
ヒト血漿タンパク(ヘモグロビン、アルブミン、トロンビン、フィビリン)と
同組成になるように調整した精製牛タンパクを
ステンレスプレートに塗布してある
検査機材です。

手術などで使用した器具を
殺菌 滅菌する前に
タンパク質除去は必須です。

この洗浄評価インジケーターは

水溶性とタンパクと
フィブリンを中心に
滅菌 殺菌前のタンパク除去が
できているかを評価するものです。 
 
使用するのは
強酸性水精製時に
副産物として生成される
強アルカリ水です。


極めて高い界面活性があり
洗浄能力が高く、毒性がない
環境に優しい洗浄水です。


この強アルカリ水で
超音波洗浄機使い
タンパク質洗浄効果を
評価しましたあ。

 新型強酸性水精製器 鶴見歯医者

使用前のインジケーター 
 洗浄評価インジケーター 鶴見歯医者

 


洗浄5分後
まだ、水溶性タンパク(褐色)
残っています。

画像ではわかりにくいですが
透明なフィブリンも若干残存しています。

 洗浄開始5分後 洗浄評価インジケーター 鶴見歯医者
 




10分後

ほぼ良好に洗浄できました。
滅菌 殺菌前のタンパク除去ができませんと
その後の滅菌・殺菌時に
タンパク中に菌が残存する可能性がります。

また、オートクレーブなどでは
高温によりタンパク凝固が起こりますので
きちんと、滅菌 殺菌処理が
行えない可能性が高くなります。

 洗浄評価インジケーター 10分後



鶴見区の歯医者 北村歯科 TOPページ
 
鶴見駅 北村歯科 詳細INDEX
 
セラミックが安い鶴見の歯医者
JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600