マルチレイヤ−ジルコニア
フルマウス 咬合挙上
横浜市鶴見区 鶴見区の歯科 歯医者 北村歯科
 



上下関係が失われている症例
咬合挙上を行い修復


初診時

中間時
 
 
前歯装着2週間後
 
 

 
初診時上顎

中間時上顎 

最終時
 




初診時下顎

最終時
 




以下治療過程
 

合回復のために咬合挙上をしました。


最初に上顎両側の制作して
上下の距離を回復します。
 
 
マルチレイヤージルコニアで製作
ウルトラトランスと比較すると
透明感はやや劣りますが
その分強度は十分にあります。
 
 
上下の距離を回復しましたので
前歯は接触していません
 

上顎両側の臼歯
マルチレイヤージルコニア

内側にあった
障害となる前歯を抜去してあります

回復した上下関係

マルチレイヤージルコニア前歯
単独冠では違和感が多少ありますが
多数歯では、あまり感じません。

 
グラデーションがキレイに出ています。
また透明感も観じれらます。
 
 
マルチレイヤー前歯
装着後2週間
歯肉とキレイに融合してきます。
 




鶴見区の歯医者 北村歯科 TOPページ
 
鶴見駅 北村歯科 詳細INDEX
 
セラミックが安い鶴見の歯医者
JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600